WORKS -02-



■脚部
○GNブレイドラックは長過ぎ、ブレイドが胴体から離れ過ぎて一体感にかけるため2箇所で計2mm短縮。同時に3mmアルミシャフトを通して回転可動化。
○太股パーツは後ハメ及び合わせ目消しのため、パーツの分割ラインを変更。サイドのモールドの部分で切断し、前側は2パーツ、後ろは接着及び合わせ目を消して1パーツ、計3パーツ構成に。前側は中途半端なC面を落としてシャープなエッジに。上面の分割ラインもサイドに寄せて整えています。後ろ側はプラ材とパテでボリュームアップし、膝後ろ上側の「くびれ」を強調しています。




■脚部
○膝フレーム後ろ側にプラ材でディテール追加。また、膝関節のストッパーを削り、いわゆる「鳥脚」にできるよう調整。
○膝フレーム後ろ側にかかる白いガード部分は一旦切り離して合わせ目消しをしてシャープに整形。ダクトの部分を市販パーツ及びプラ材から作り起こし。ダクトがつく部分はプラ材を足して整形し、微妙に角度を調整しています。
○膝アーマーはパテで裏打ちして大幅に削り込み小型化。
○スネは二段になっているC面を一段削り落としながらシェイプアップ。
○アンクルガードも膝裏のガード同様、ダクトの部分を市販パーツ及びプラ材から作り起こし。また、円部分との接合部を設定に近付けるよう整形。
○膝のドラム上のフレームにもスジボリを追加。膝を曲げると露出する前面にもスジボリを入れていますが・・・すいません、写真を一枚も撮っていませんでした。




■脚部
○白いつま先パーツ先端を深く彫り込み、その部分にプラ材等で制作したフレーム状のパーツを追加。
○腿及びスネの軟質素材パーツを、スジボリを施し(G)EXホワイト→ウェーブマイクロパールホワイト→ウェーブマイクロパールブルーで塗装したプラ板及び、クリアブルーの透明プラ板の二重構造に置き換え。
○各部、スジボリ等でディテールを追加。

※脚部の制作については制作記の第12回13回14回を併せてご覧下さい。





■武装(GNシールド)
○外周にプラ材を足してエッジをシャープに削り出し。結果、ひと回り大型化しています。
○白いパーツにある4箇所のダクト部分を開口。




■武装(GNシールド)
○裏側の肉抜き穴をエポキシパテで埋めて整形。
○各部、スジボリ等でディテールを追加。





■武装(GNソード)
○刃の部分は設定ではグレーのパーツで刃を挟む構成になっているようなので、それに近付けるように改修。刃のパーツは両側の別パーツになるべきモールドを削り落とし、同時に刃先もシャープに削り込み。挟み込むパーツをプラ板から作成。プラ板の断面もテーパー状に整形。塗装後に刃のパーツに接着。白い刃のパーツのみ、(G)EXホワイト→ウェーブマイクロパールホワイト→ウェーブマイクロパールブルー→(G)EXクリアーで塗装し、最後に(G)EXフラットクリアーで軽くコート。半艶仕上げにしています。光の当て方によってパールが輝き、面白いアクセントになっていると思います。




■武装(GNソード)
○ソードの本体部分は腕に装着する際に腕から離れ過ぎの感があったので、ジョイント部分を調整して約3mm程詰めています。装着時の一体感が増したと思います。
○本体部分の青いパーツは全体にエッジがだるかったので、シャープになるよう削り込み。裏側の肉抜き穴をエポキシパテで埋めて整形。グレーの部分はマスキングで丁寧に塗り分けました。
○本体部分の白いパーツは設定では円の部分が別になっているようなので、切り離して別個に整形。アーチ状のパーツは1mm分ゲタを履かせて、前後端にプラ材を足して形を整えています。
○ライフルは銃口にメッキパイプを埋め込み。下のセンサー(?)はグリーンのメタリックテープを貼り付け。光を反射して輝きます。





■武装(その他)
○ビームサーベル、ダガーの刃は先端に向かってシャープに削り出し。根元に(G)EXホワイトを軽くグラデーション吹き。その後、根元と刃先にウェーブマイクロパールホワイト→ウェーブマイクロパールブルーを軽くグラデーション吹き。光の当たり具合で変わった色あいを見せます。グリップの部分は合わせ目を消し、スジボリをシャープに掘り直し。
○GNロング&ショートブレイドは刃の部分をシャープに削り込み。各部モールドの掘り直し。刃の部分はGNソード同様、(G)EXホワイト→ウェーブマイクロパールホワイト→ウェーブマイクロパールブルー→(G)EXクリアーで塗装し、最後に(G)EXフラットクリアーで軽くコート。半艶仕上げにしています。

※武装の制作については制作記の第11回18回19回を併せてご覧下さい。





■その他
○キットの既存のモールド、スジボリはほぼ全て掘り直しをしてシャープに仕上げています。また、面出し、エッジ出し、表面処理等、基本工作も手を抜かずに進めたつもりです。
○スジボリは0.1mm幅の刃を使用。繊細な線を心がけ、丁寧に作業しました。今回はパネルライン(装甲の継ぎ目)と言うより、エネルギーの流れを感じさせるようなラインを入れてみました。
○各項目でも触れましたが、キットの軟質パーツは全て自作のパーツに置き換えています。
○デカールは市販品と自作のものを併用。「CELESTIAL BEING」及び「GN-001」は劇中に登場するロゴをトレースしてデカール化しています。また、武装の裏側のデカールのみ少しデザインを遊んでみました。











- 塗 装 -

※(C)=クレオス、(G)=ガイアノーツ、(F)=フィニッシャーズ
■下地塗装:(G)EXホワイト
■白:(F)スーパーシェルホワイト
青:(F)スーパーファインコバルト+(C)クールホワイト+(C)蛍光ピンク(微量)
赤:(F)サーモンピンク+(C)レッド(微量)+(G)EXブラック(微量)
黄:(C)黄橙色+(C)レッド(微量)
グレー1:(C)グレーFS36270
グレー2:(C)RLM75グレーバイオレット+(G)EXホワイト
グレー3:(G)EXホワイト+(G)EXブラック+(C)パープル(少量)
■塗膜保護用クリアコート:(G)EXクリアー
■トップコート:(G)EXフラットクリアー

スミ入れはタミヤエナメル系カラーを使用。
各部位にあわせて数色を調色し使い分けています。
特に白の部位は極薄のグレーを調色し、本体色に馴染ませています。
青;ブルー+フラットホワイト+クリアレッド
赤:フラットレッド+フラットホワイト+ハルレッド
黄:レモンイエロー+フラットレッド+フラットブラック
グレー1:スカイグレイ+フラットホワイト
グレー2:ライトグレイ
グレー3:ジャーマングレイ
□黒:フラットブラック





-ご覧いただきありがとうございました-

inserted by FC2 system